コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

頭でっかちな人材より行動に移せる人材を

前職で採用に関わることもあり、
即戦力として求められる人材は、
どんな人なのだろうかよく考えていました。

経歴だけで見ても頭でっかちで机上の空論はたくさんできるが、
それを実行する実行力がない人は、きっとできない人間と同じだと思います。

若い人間であれば、それは成長の過程として可能性もありますが、
中途採用となるとそうはいきません。即戦力として期待しているので。

自分は大手のどこどこの勤めていたとか、
どこの大学だったとかを自慢しているレベルでは、
きっとそこでその人のレベルは頭うちなんだと感じます。

そこには今までやってきたことを参考に考えて行動しているかと言う点を見極めながら話を聞いていく必要があります。

「考えて」というのがポイントで、ただ闇雲に目的もなく動くだけではなく、一見つながりはないように見えて、その時は、これが必要だと思って行動に移したという経緯があるだけで、単に周りに流されたり、促されただけではなく、自分自身でも考えた結果の行動だったのではないかと感じ取ることができます。

単体の質問だと用意している可能性もあるので、
いくつか聞いてみると整合性も判断できるのではないでしょうか。

理路整然とやると言ったことはやりきる人材を雇うと会社も成長するのではないでしょうか。