コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

日本がまだ優位にいると思っているのだろうか

海外からの雇用に関して間口を広げるのは良い事だとは思うが、
こうした悪質な企業に関しては、取り締まりを強化すべきだと思う。

irorio.jp

国の相場は違えど、日本に住んで仕事をするのであれば、
日本の相場で対価は支払うべきだと思う。

まだ国際情勢として日本が優位な位置にいるとでも思っているのだろうか。
この調子だと中国に抜かれていったように発展途上国にすぐに抜かれてしまってもおかしくない。
情報も何もかも早くなっているのに一部の日本人の意識や価値観は止まった状態になっているのではないだろうか。

仕事をするにあたり、好印象なフィルタがあれば大変だとしても何か割り切れる点が見えれば、
悪い印象は、そこまで持たれないと思うが、それでも印象が悪いのは、相当ひどい扱いなのだろう。

悪質な会社があるせいで、良い関係を築いている会社もあるのに評価が落ちるのはもったいない。
悪質な企業は法的に取り締まり、優良企業が生き残れる仕組みを作っていくことが、
日本としてのブランドを高めることが、将来的にも日本にプラスになるように感じる。

人材不足の昨今、海外の労働者の方に協力してもらわないと成り立たなくなる可能性も高いのに、こうしたことを続けていると、その時が来た時には、日本の経済は成り立たなくなってしまう可能性があるのではないかと危惧する。

本来の目的を見失い、目先の改善だけにとらわれているので、
何も解決しないまま、もっと悪い方向に進むだけに思える。

海外の方でも気持ちよく働ける環境があるということは、
日本人が働いても良い環境になるのではないだろうか。

人材不足の解消には、単に外から人を集めてくるのではなく、
内部的に改善したうえで行わないと結局、継続性がなく慢性的に人材不足が続くという事になりかねない。
そうなると悪い言い方だと使い捨ての労働者を求め、悪質な企業が出てくるのではないか。
そういった意味では、インターン採用も海外の労働力と同じ意味で採用している悪質な企業もいる可能性も高い。

優良な企業がバカを見ないような仕組みが必要に感じます。