コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

嫌わる上司やリーダーの特徴

嫌われる上司やリーダーっていますよね。
自身の経験ふまえてまとめてみました。
年齢を重ねると注意を受けることも減り、自分を客観視する機会も減るので注意しないといけないですね。

1.言ったことに責任を持たない

都合が悪いことは「忘れる」もしくは「人のせいにする」
結果、話の辻褄が合わないが無理やりこじつける。
間違ってても誤ることはない。

2.手柄は持ち逃げ、失敗は押しつけ

そのままの意味で。
うまくいったことは自分がやってなくても自分の手柄。
失敗したことは部下のせいにして自分は責任逃れ。

3.自分の過去の栄光を語りすぎる

過去に自分が関わった案件や学生時代の武勇伝的なものをかなり盛ったうえで話してくる。
そして、それが左程すごくないのでリアクションに困る・・・(笑)

4.すぐに怒る(自分都合で)

都合が悪くなると、とりあえず怒る。
そして最終的に解決策がないとはぶてる。
こちらは悪くないけど謝りに行くと「わかったならいいよ♪」的に結構満足w

5.呼び出しが多い

何の脈略もなく呼び出される。
でもただ不満を言いたいだけと共感を得たいだけの自己満足が多い

6.仕事ができない

なぜ上司?なぜリーダーになれたのか?
ただ年齢が上だから?
まだ仕事で成果を残していれば、何か得るものがあるかもしれませんが、どう見ても仕事ができない人だと、正直ついていけない。

 

テレビやマンガの世界だけかと思ってましたが、
全てに当てはまる人とリアルで仕事をすることがあり、
本当にこんな人がいるのだと驚いた記憶があります。
でも、こんなこと普通の精神ではできないと思うと結構心強いのかなという気もします。
でも、自分はできると思っているのが一番痛いかもしれません。。。

とはいえ、こんな人は上司、リーダーの前に人としてどうかと思うので、
周りにいたら反面教師として対応してみて、折を見て離れる方法を考えたほうが良いと思います。

「人の振り見て我が振り直せ」と言いますが、
自分は当てはまらないと思っても気にしてないだけで、
細かいところで何か当てはまることがありそうであれば、
注意して行動しましょう。