コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

リーダーとして必要な4つの要素

前職で制作チームの統括をやっていたので部下を持つ場合、リーダーとは何かという点について、過去の経験なども参考にしつつ、常々考えて実践してきたことで主に必要だと思う4つの事を書いてみました。
※ありきたりなことですが自身への過去のまとめも兼ねて

1.知ったかぶりをしない

「恥ずべきは知らないことではなく知ったかぶりすること」だと思います。
リーダー(上司)だから、年上だから、といって知らないことはあります。
専門分野が違えば当たり前です。
素直に聞いて受け入れることも重要で、
相手に「信頼している」という態度を見せるのも必要なことです。

2.発言の一貫性

リーダーとしての役割をもっている人は、
特に発言に一貫性をもたせることが必要です。
常にブレていては、結局誰もついてこなくなる。
自身の経験上の押し付けなども結局一般的ではないので、
素直に受け入れないと思う。

ただ間違いもあるはずです。
間違ったら素直に非を認めて謝ることが重要だと思います。

「できない人ほど自分の非を認めたがらない」
これは前の会社のダメな上司(反面教師)が特にそうでした。
そういった人は基本的に「誰かのせい」「何かのせい」にしたがるものです。
そうなってくると誰もついてきません。

相手の心を開きたい場合は、自分から心を開くことが必要。

3.教育する(育てる)ことを意識する

スタッフ一人一人が成長するためにも失敗をあまり恐れすぎてチャレンジできないような環境にならないように配慮しないといけない。
リーダーは、スタッフの失敗をカバーもしくは、その責任を請け負ってやるという覚悟が必要と感じます。
そうすることで、スタッフが成長する。
成長すれば自身の作業も楽になり、売り上げものばせるので会社にも貢献できる。
人を育てるのは長い目で見る必要がある。

単に「やってみる?」といっても初めて行うことに対して、一般的には防御壁を高く持ってしまう傾向がある。
やってみようという気持ちにさせることもリーダーの役目だと思います。

4.人に任せる

制作会社などで良く見る光景は、
自分ができるからといってやってしまうことです。
自身も元々プレイヤーだったので、そういった傾向がありましたが改善をすることで受注できる金額も増え、人に頼めることで、自分しかできない仕事の見極めをするよういなり、より自分自身の成長につながるはずです。
前述した「3.教育する」にも関連してきますが、単に「任せる」だけではなく「信頼して任せる」という事ができるかできないかでリーダーの資質が決まってくるような気がします。
ただし丸投げとは意味が違うので注意が必要です。

 

基本的にこういったことは即効性があるわけではないので、
目先の利益や評価を求めずに根気よくやって改善していくことが重要に感じます。

頭の中だけで理解せずに実際の人相手にやっていくことで、
体験の中からより深い理解が得られるはずです。