コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

イクメンという称号って欲しい??

働き方が多様化する中、昭和の時代にくらべて、
育児に参加する男性は増えているのは事実だと感じます。
更にイクメンという言葉ができたことにより、
男性が育児に参加する事がプラスに働くようになったのではないでしょうか。
それは、とても良いことだとは思っています。

ただ「イクメン」という称号が欲しいがために
勘違いしている男性も多くいるのではないでしょうか。

 

まず家事・育児は誰がやるの?

前提条件として、別に育児は女性がやるものと決まっているわけではない。
更に家事においても料理、洗濯、掃除、細かいところで言えば、なくなったものの補充など、ここについても女性がやるものと決まっているわけではない。
子どもが増えれば増えるだけ大変だし、手間もかかる。
専業でされている方の場合でも小さい子どもがいる場合は、サポートは必要だと思う。
そういった意味では、家事・育児は、誰がやってもいいし、条件的に手を抜くのもやっている人が決めればいいと思う。

 

ちょっとだけ手伝って、やった気になっていないか?

休みの日の遊ぶとか、帰ってきた風呂に入れるとか、オムツ変えるとか・・・
そんな断片的な小学生ばりのお手伝いをしただけで、
「俺ってイクメンだよな」という人も中にはいる。

 

 なぜ、男性は「やっている気分」になるのだろうか?

男の言い分はただ一つ。
「俺は、仕事が忙しいんだ」という理由じゃないかなと思う。
それで、育児や家事は少し手伝ってサポートしたつもりになっている。

それは、育児・家事を甘く見ているんだと思う。
育児もそうだが家事だって、毎日献立考えるの大変だし、
洗濯だって、掃除だって、子どものめんどう見ながらだと尚更大変。
子どもが二人もいれば、もうカオスなので、イライラはつのるばかり・・・

もちろん稼ぐために仕事をするのは大事。
だけど、仕事の場合は、息抜きできる人もいるでしょう。
仕事終わりに飲みに行ったり、昼ご飯は好きなもの食べに行ったり。
特に新生児の場合などは、待ったなしでトイレ休憩も許されない状態・・・

そう考えると実際、仕事の方がかなり楽だと自分自身は感じています。
もちろん仕事における責任はあるので、すべてにおいて楽とは思いませんが、
気を抜けない状態が常に続くと考えると心身ともに疲れるのは事実。
※業種によっては、縛られる時間もあるので、やむない人もいると思います。

 

イクメンという称号から当たり前の行為に

まずイクメンという称号については、忘れませんか?

まず「妻が喜んでくれる」という状況がある場合は、
きっと「たまに」家事・育児を手伝っているというレベルではないでしょうか。
「家族にとって当たり前」「自分自身も当たり前」になって、
初めて家事・育児を共にやっているという雰囲気になるのではないでしょうか。
※喜んでくれるのは、良いことのなので、どんどんしてあげてください♪

いきなり全部はできないので、少しずつ家事・育児に参加する中で、妻と話をして、
素直に要望などを受け入れ、家族の中で、自分のできることを見つめていくことも重要だと思います。

後は、妻への理解というは、とても大事だと感じます。
自分がやってもないにできるだろは、一番ダメだし、無理してないか声かけも必要だと思います。
きっと仕事においても部下や従業員に対して、同じことが言えるのではないかと思います。

円滑なコミュニケーションは、まずは相手への理解から始まるものなので、
それは、夫婦関係だろうが仕事だろうが関係ないです。

 

称号なんてものは、後からついてくるものです。

そうなったとき、きっと周りから「イクメンですね」と言われると
何となく安っぽく感じて否定したくなるのではないでしょうか(笑)