コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

子育て+家族+仕事 = 自分

結婚して子どもがいても基本的に男は、仕事に逃げることができる。
最近は、そう考えるようになった。
いや、今までの自分はそうだったなと考えるようになった。

2人目の子どもが生まれて、首が据わるまではと思い、
3歳の上の子の保育園の送り迎えから、
晩御飯の準備など、できる限りやってみようと試みたが、これがかなり大変。。。
二人いるからとか関係なく、ホント大変だなぁと思う。

 最初の子どもが生まれた時は、仕事が大変で、妻に任せっきりだったけど、
あの時の仕事の大変さは、やる事も逃げるも自分自身でコントロールできるし、
息抜きをする時間も結構あったんじゃないかと思い返す。
でも、今の子育ては、放棄することはできない。(してはいけない)
そういったプレッシャーや子どもに言っても思い通りにならないイライラで怒ってしまうこともあり、怒った後で後悔する事もよくある。。。
仕事においても今作業してれば、あの仕事は終わっていたのかな。とか、
この時間であの作業をしてしまいたいなという気持ちが結構最初の頃はよくあって、
焦りから、またイライラすることが結構あった。
精神的にもかなり参って、仕事にも多少支障をきたす時期も正直あったのではないかと思う。鬱の人はこうやって、鬱になるのかと感じたこともあった。

 

でも、鬱にならないで、
やってこれたのは大変な中でもいい事もあったし、
できるだけ前向きに考えて行動してきたからじゃないだろうかと現状を振り返ってみた。

 

私的なことで言えば、主に2つある。

1.子どもと触れ合う時間が多くなる

子どもがよく「お父さん、お父さん」と言ってくれるようになった気がする。
怒ることも増えたけど、接する時間が増えただけ、コミュニケーションもたくさん取れてるのかなと思った。
イライラしたら「お父さんと言ってくれるのも今だけか・・・」と思うと少し気持ちが前向きになる気がします(笑)
今、怒涛のように過ぎている毎日、ふと思い返すと結構楽しい時間だったのかなと思える時間になればいいと思っています。

2.妻の気持ちが(多少は?)理解できるようになる

毎日の食事の献立考えるのも大変だし、料理作るの大変。
言う事聞かない子どもをお風呂に入れたり、ご飯食べさせるのもイライラするのはこの上ない。
言葉では言い表せないことが山のようにある。
そんなことを毎日のようにやる必要があると思うと、後でもいい仕事は置いといて、早く帰ろうと普通に思う。
こんな大変な時期に完全にお任せするなんで、とてもできない。
お互いがお互いの大変さを理解することで、2人目の今は、イライラしている状況が結構減っているように感じる。
(勝手に思っているだけかもしれませんが・・・苦笑)

 

仕事においては、
マイナス面しかないように思えますが、
仕事においてもいい面もある。

 

1.時間のコントロールがうまくなる

17時には退社して、保育園に迎えにいくので、限られた時間内での効率化を考えるようになり、優先順位も明確にすることが出来てき、売り上げにも大きな影響は出さずに仕事もできていると感じられている。
結果として、以前は、制作会社という不毛の受託の波にもまれて、ダラダラと残業していたように感じる。
特に制作会社などでは、時間的な制約がなく時間が曖昧になり、気付かぬうちに息抜きしている時間の方が多くなるような無駄な残業時間を作っている人もいるのではないだろうか。
人は基本的に怠惰な生き物だと思うので、制約というものは必要なのだと思う。
働き方が問われる中、仕事における時間の配分は、曖昧だったものから明確になってきているのではないかと思います。
限られた時間で、いかにパフォーマンスを発揮できるかという事を真剣に考えることで、結果もついてくるものではないでしょうか。

 

2.人に任せることができる

基本的にパートナーの方に依頼するのは、以前から行っていたが、自分ができる作業は、自分でできるだけ行っていたように思える。
それは、業務時間は22時くらいまでという無意識の考えが働き、仕事を受けるので早くは帰れない。
でも、今時間の制約がある中で、仕事を断らないようにコントロールすることを考えると、基本的にパートナーの方にお願いするしかない。
うまく協業して、自社の売り上げも維持しつつ、自分は早く帰るというバランスがこういった働き方には重要に思えました。

ただ本当に切羽詰まっているような仕事は、21時以降に対応するなど、
そのあたりのフォローもうまくやった上での成果ではあるので、そういった働き方への理解が、会社にあるかどうかもうまくバランスと取るためには必要なことだと思う。

 

「俺の仕事は大変だから他の人とは違う」と言う男性もいるが、
個人的な見解だが、基本的に仕事の方が気を抜ける時間があるだけ、かなり楽に感じる。
特にそういう事を発する人は、遊びも仕事と勘違いしている人が多く思える。

 

成功という切符をつかむには、何か犠牲にする必要はあると思うけど、
家族がいるのであれば、家族を犠牲にするのは最悪なので、
犠牲にするのであれば、自分の時間を犠牲にして、うまく仕事と家庭のバランスを保つことが、必要なことではないかと思っています。
ただ自分の時間を犠牲にしすぎて、健康まで犠牲にしないように気を付ける必要はありそうです。

 

タイトルの「子育て+家族+仕事 = 自分」

子育てについて書こうと思ったとき、最近まったく友達付き合いもできてない、今の自分を形成しているのはこの3点かなという気がしたので付けました。

 

何だか、まとまりもなく、書きなぐって愚痴もこぼしましたが、
とはいえ、まだ2か月目・・・できるだけ楽しみながら子育てできるように行動していきたいものです。