コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

仕事が終わったら帰ればいい

仕事が終わったら帰れば良いと思う。
この記事を読むと何だか早く帰るのがダメなような印象を受ける。

www.asahi.com

自分の時間を大事にしようというよりかは、
普通の会社にしようという考え方の方がしっくりくるように思える。

日本の企業は、上司より早く帰るのは帰りづらい傾向はある。
基本的に上司より早く帰ってはダメという会社自体がおかしい。

「同じ会社だから協調すべき」という考え方を強制するのではなく、
「協力しようと思える関係性」を作る事の方が重要だと思います。
協力体制がうまくいっていない企業は、組織作り、もしくはチーム作りがうまくいっていないだけに感じます。

個人的には、会社においては仕事の成果単位で協調できれば、
時間的な協調は必要ないと思います。

なぜ残業が起こってしまうのか

自身も経験がありますが、残業が当たり前になると残業時間を含めた時間を無意識に見積もってしまう傾向があります。
それが積もり積もって、残業のさらに残業のような仕組みになり朝方まで仕事という過酷な状況も発生するのだと思います。

逆に退社までに時間制限がある方が、何をすべきで、何ができないという取捨選択が明確になり、スムーズに作業できる傾向もあります。
そう考えると時間の使い方というものを意識しながら、効率よく働くことが今の時代には合っているのではないでしょうか。

ただ日本の企業でそれを堂々とするには、仕事に対する成果をある程度出し、
自分自身にもある程度は自信をもっている状態ではないと堂々と退社するのは、
日本人の気質として難しいかもしれません。

とはいえ、空いた時間で、副業したり、勉強したり、趣味に没頭するのも許される時代です。
時間は有限なので、有効に使って、後悔しない人生を送りたいものです。

 

1つ補足ですが、上司や周りを極度に気にする必要はないですが、
大変そうな人には声をかけてあげたら、その人は救われるかもしれません。
周りを見る目(気配り等)を身につけることで、自分自身がリーダーになった時にもプラスになるとは思います。