コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

「働き方改革」は何を目指しているのだろうか?

「働き方改革」響きはいいが、少し偏りが生じているように思える。
下記のニュースを見て、少し考えさせられた。

www.nikkei.com

このシステムで言えば、残業は「悪」という事になるのだろうか。
残業している人は「善」の考えでいえば、会社のために自分の時間を消費して頑張ってくれている人である。その為に支払う対価を払うべきと考えるが「働き方改革」とは何を目指しているのだろう・・・

システムのメリットにもあるようだが、
上司が部下の残業状況を把握できるとあるが、
それってシステムどうこうの問題ではなく、
把握していない上司の問題ではないだろうか。

基本残業するということは仕事が終わってないという事なので、
部下の管理というよりも仕事自体の管理ができてないことになる。

部下の残業管理をする前に上司としての適性などを
見極めるものを作った方が良いのではないだろうか。
優秀な上司の下では、部下も延びるし、残業も効率化してくれるはずなので。

私自身もダメな上司の下で働いたことはあるが、
基本その上司が仕事をこなさない(やってるつもり)ので、
下がフォローする羽目になり、残業が発生する。
更に悪いのが、上司は仕事を把握してないので、単に「残業した」という結果だけが先行して、仕事の説明をしても理解がされない。さらに自分はできると勘違いしているので、適正な作業量が算出が出来ずに、作業のスケジュールが組めないので、下に負担がくる。
もちろん、仕事のサポートはしてくれない。

そんな悪循環の中で、仕事をしている人が、このようなソフトで強制的に仕事を終える羽目になった場合はどうなるだろうか。
持ち帰って仕事をするか、それが無理なら、会社を辞めるか・・・

働き方を改革して、負担を減らして、仕事を最適化することが目的のはずが、
更に働く人の首を絞めているようにも思える。

本当の目的は何かという点を考えて、極端に偏った見方をしないように仕事を管理する方は考えてほしい。

見てくれだけの改革は、無意味な産物なので、
時間がかかっても根本的な意識の改革や改善が必要になっているのではないだろうか。
良いシステムも結局使いこなせなければ意味がないので。

「働き方改革特需」とか出ているが、結局金儲けのための「働き方改革」にならないように・・・