コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

てるみくらぶは、引くタイミングや引き際の対応が悪すぎる

今大変話題になっている「てるみくらぶ」の破産(事実上の倒産)の問題。

bilijohnnys.hatenablog.com

 

会社が潰れるというのは往々にしてあることなので、否定はしない。
ただ、この会社のつぶし方は、経営者、いや、人として卑怯で常軌を逸しているのではないかと思う。

3つに分けて、腹立たしく思った内容を書いてみました。

 1.経営難がわかっていて大々的に新卒採用を行っていること

まず前提に社員80人に対して新卒を50人採用している矛盾。

headlines.yahoo.co.jp


補助金の獲得や出資のための見せかけのためのパフォーマンスでもしようと思ったのかその真意はわからないが、その犠牲者は、今から新たな気持ちで社会にでる人たち。

幸い救ってくれる会社もあり、そこは良かったと思うが、
てるみくらぶ」は、そこに関しても責任は何らはたしていない。

通常であれば、社長や経営陣が次の就職先などについて、
奔走するのが、普通の会社で、潰すという決断をした責任ではないかと思う。

内定者への説明も旅行者同様他人事なのに腹が立ちました。

2.先の事を考えずにお金だけ集めて顧客に迷惑をかけて知らんぷり

大々的に広告を出し、キャンペーンまでして現金を搾取する方法が汚い。
新聞広告にドーンと出てたら会社としても不安材料をかかえているとは思わないのではないだろうか。
そうなると一般的な利用者には見抜けないだろう心理をついた巧妙な手口。

そこだけにはとどまらず手続きはしておらず、
現地から戻れない人が出てしまう状態を作って、
後は知らんぷり。。。

これは会社というよりも人間としておかしい。

弁済される額は支払い額の1%程度・・・ひどすぎますね。
自分が対象者だと思うとぞっとします・・・

何か補償してあげれるのであれば、国なども本腰入れても良い気がします。
無事に帰国されることをお祈りします。

3.社長が終始他人事のような態度

会見では涙が出ているかわからないが、そんなそぶりをしていた社長。
泣けばいいというのは、子どもまでの話しで、責任を全うしない会社というのは、甚だ腹立たしく思う。
また内定者の説明や旅行者に対しても「私たちはもうお金ないから後は自分たちでやって。」と言わんばかりの説明。

この意識が今の状況を生みだしているように思え、この社長の人間性をも疑う。

これが罰則にも問われない状態というのが、
何か罰則を設けて、償うべきくらいの社会的な損失(被害)を出しているのではないだろうか。
社長だけの問題ではなく、経営に関わる全ての人間が加害者にあたるのではないかと感じる。


内情は、正直よくわかりませんが、真面目に会社の事を考えて仕事をしている人もいると思う。
でも上層部はそんなことを考えずにただお金を搾取する方法しか考えなかったという結果ではないだろうか。

またもっと早く辞めるという決断をすれば、
ここまで自体は大きくならなかったはずです。
「引き時の見誤り」が一番の原因と感じます。
目先の事しか考えずに動いた結果、悪循環になり、
引くに引けなくなるという状態だったのではないだろうか。
それを隠すためのウソ、さらにウソ、ウソ、ウソ・・・・

でも、結局、ウソはいつかバレるものです。

逃げることは必要と思いますが、
逃げる際には「引き時」というのは、
とても重要な事だと感じました。

他人の事は、客観的に見れるので、指摘できるが、自分の事になると難しくなるということもあるので、常に客観的な視点を交えながら逃げる際には引きも考えて行動していきたいものです。