読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

弱みを見せることができますか

仕事や私生活において、ストレスが0という人はほとんどいないのではないだろうか。
きっと小さいにしても何等かのストレスがあると思う。

ストレスはたまるものだと思う。
そして、そんな時は、愚痴を言いたい。

ただ、それは自分の中では弱みだと思っているので、内容によって出せる相手や誰にも出せないものがある。
誰かに気軽に出せるものであれば、出して聞いてもらって共感してもらうだけで結構すっきりしたりする。

一人でも弱みを見せれる人はいますか

そんな愚痴や弱みを見せれる家族や友人や同僚がはたしてどれくらいいるのだろうか。
一人で抱えこむとどこかで爆発するか内に引きこもってしまうのではないだろうか。
そうならないためにも少しづつ発散させることが大事なことだと思う。

でも「これを言ったら自分の相手からの評価が変わってしまうかな」とか「相手が共感してくれなかったらどうしよう」とか、そんなの本来はどうでもいいが、そこで踏みとどまって結果相談しないというケースもある。

 

下を見て満足してしまう

心がつらい時は、「自分はあの人よりマシだ・・・」とか下を見る傾向がある。
さらにストレスがたまると攻撃的になる傾向もあるのではないかと思う。

きっとSNSで批判する人は、少なからず自分の中の弱み(愚痴)をその内容に当てはめて愚痴を言っている部分もあるのかなと思う。
※自分も書こうと思う時は、どこか自分の中でモヤモヤした時があるときなので(あくまで個人的な見解として)


ストレス発散の方法は、社会生活をしていく上でとても大事です。

ストレスを抱える人は、真面目で完璧主義だったりします。
あまり自分自身を完璧とは思わないで、自分の弱いところは素直に認めて場合によっては「逃げる」という事も大事ではないかと思います。

家族ができたり仕事を始めると自分の有効な時間がなくなったりするので、若いときの時間や体力があるときにストレス解消の方法を見つけてもいいのではないでしょうか。

 

自分は弱い人間なので、弱い人間なりに強い人間と戦う術を考えていきたい。