コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

ネットって怖いな…(発言する責任と発信する責任)

このニュースをみて女性というかこの女の子の考え方に対して、いろいろと言いたいこともないことはないが、それとは別にちょっとネットって怖いなと改めて思ったので、書いてみたいと思う。( 恐る恐る・・・)


※記事削除されたためリンクなし
(20代の女性がタクシー代3000円程度出すなら1万円くらいポンと出せ的なコメントをテレビの取材でしていた件について)

 

実際、若い子達が、ちょっとテレビに取材されて気分が上がってノリとか勢いで言っちゃった感じの言動だと思うんですが、確かにこの言動は言動で感覚おかしいなと思いますが、でも友達同士の話だと、実際は、そう思ってなくてもなんだか強がって言っちゃう年頃なのかなぁという気が個人的にはしました。

だけど、その言動は別としてこれがテレビで流れたら前後関係は関係なくその部分だけのキャプチャが流れて掲示板でたたかれる。
この子もそうなるとは考えてないと思うので、今どんな気持ちなんだろうと、ちょっとかわいそうに思えた。

テレビ局側もそういった批判が飛びそうなものに対しては、公開するのに慎重になるべき時代になってきたのかなと思います。
ひどい場合は、こういうのがきっかけでイジメにあったり、鬱になったり、最悪は自殺してしまうというケースなどもあるかもしれない。
芸能人という公に出ている人は、ネタにされるのはしょうがない部分もあると思うが、気軽に答えたインタビューが気づけば多くの人に見られてて批判の対象になっている。そんな状況に自分がなったと思うとホント怖いなぁという気持ちになりました。

公に自身が表に出て発信される情報(テレビなど顔の出るものも含めて)、SNSやブログなどもそうだと思いますが、自分が発信するものに責任をもって言動しないといけないと思うのと同時に他人をベースに情報を発信するときに、これを公開したらどうなるのかというリスク面の想定もある程度できたうえで発信していかないといけないのかなと感じました。

自分自身もそれができているのかは、まったくもって曖昧なので、
恐縮ですが、自分自身も気を付けるべきという意味も込めて書いてみました。

批判や否定を言えば、それが何かで返ってくると思わないといけないですね。
発言する責任発信する責任、それぞれに責任を負うものだと思います。
それらを意識しながら行動していければと思います。