読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

Webの仕事は技術力だけではなく調整力が必要

経験上、高い技術を持っている人でも仕事を依頼するとなかなかうまくいかないというケースが結構あります。
技術が高い人にとって、何が一番かといえば案件に対して技術が生かせるかどうかという点だと思う。
しかし受託案件において技術優先の仕事などほとんどありません。
(最初はそうであっても結果そうならないケースが多い)

そこでミスマッチがおき、彼らのモチベーションは下がる一方になり、
結果バグがあっても修正も頼みづらい状態になるというケースもあります。
そうなってしまっては次の仕事の依頼は来ない。

 

技術力ももちろん必要ですが、仕事における基準を持った上での柔軟な調整力が必要だと思います。

いくらコーディングやプログラムを外注してもその後何かがあったときに調整できるかという点もふまえて、費用算出やスケジュールもとるべきで、なぜ自分に仕事がきているのかを考えて次につなげる。

 

仕事がきているのが便利屋になっているのであれば、
それは仕事の仕方を考えるべきだと思います。

 

そういう仕事はうまく利用されるだけなので、何の成果も何のプラスにもなりません。
そういう仕事を誰も請けなくなれば、きちんとした体制で仕事の依頼も来ると思います。(目先の売上が欲しいというところでは我慢が必要なので、ここは結構難しいですが・・・)

 

もし会社の中であれば、上が変わらなければ下が変わるべきと考えます。
下から変わる世の中もあると思うので、WEB業界も過渡期で変遷する時期だと思う。

 

Webの世界は、正直宣言すればディレクターにでもなんでもなれる他の業界に比べても職種や技術力があいまいな業界の中、何を基準に仕事をして何が重要されるかを今一度考える必要があると思います。

 

だからといって完全なる解決案がある訳ではないので今後その解決が書けるように行動して書いていきたい。