コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

目に見える商品と見えない商品に感じる感覚の違い

以下の記事を読みWeb業界でも目には見えづらい情報や技術を扱う分、
同じようなことが言えるなと思い自身の感じたことを書いてみたいと思う。

wadaiko-densya.com

どんな人でも目に見える商品は10円だとしてもお金を払う。
しかし情報や技術など人が行う「目に見えない無形の商品(情報や技術提供などのサービス)」に関しては、比較的曖昧に感じる。

例えばWebサイトの場合、保守の契約(瑕疵担保責任のない状態)もしていない公開してから数ヶ月以上も経過しているサイトに対してテキストの情報を一部修正してほしいという依頼があり、「修正するのに1,000円かかります。」と伝えたとき「文字を少し変えるだけなのにお金かかるんですか!?」と。

「文字を少し変える」という作業自体は簡単ですが、
そこにはスタッフの作業時間、自身の対応する時間がかかっている。
指示内容を確認してソフトを立ち上げて、作業完了後確認して公開させて報告の連絡をする。
この一連の流れでいけば30分程度はかかると思う。

これを業務としてやっている以上、人を動かす人件費分の費用は発生するのは当たり前だと思う。

例えば、8時間労働として1日の作業単価を40,000円と設定している場合、30分の作業は2,500円分の作業となる。ただあくまで作業にフォーカスすると30分もかからないので1,000円でという回答をしました。どちからといえば安く見積もったつもりだが、受け側としてはその感覚は違ってくる。

自分でやったらどれくらい時間がかかりますか?

技術的な面などで専門性が高いものは費用的な面も理解してもらいやすいが、
先ほどのテキスト修正などに関しては、理解されにくい面が多いと感じる

例えば企業側の依頼者が制作経験が少しある場合は、また少し考え方も異なる。
自分でやればできそうだが依頼をする場合はなぜそうしているのか。

対価を支払うことで専門的な技術者の時間を購入しているのです。

例えば企業のAさんという担当社が3時間かかるものを制作会社のBさんは30分で対応するとなれば、Aさんの3時間分の人件費を考えても専門外であれば制作会社に依頼した方がよい。
自分でできるなら自分で対応してもいいが他の業務が滞るのであれば自分でやる意味はない。

その状況によっては無料で行うことももちろんありますが、基本的には対価をもらって会社も成り立っているので、「仕事」として考えるとおのずと費用は発生することは理解できるのではないでしょうか。

費用が発生するのが嫌であれば、自分で時間を使って対応するしかないと思います。
それをやってミスをしてしまい結局倍以上の費用がかかったケースもあるので、 自身の業務では何が重要なのかを認識したうえで会社として判断して行動すべきだと思います。