読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

自分の壁を乗り越えるための3つの行動

自分が壁を乗り越えるときの次の3つの考え方を実践するようにしています。
少し意識するだけでも成長の度合いが違うのではないかと思います。

1.考えすぎない

考えすぎて考えすぎて何もできない
完璧主義な人が陥る傾向だと思います。

完璧なんてなかなかこの世の中ありません。
そう思うと考えすぎるのがばからしくなりませんか。
日常のことやデスクワークであれば、まずそんなに死に直結することは少ないと思うので、そんなことを言い聞かせて、考えてばかりじゃなくて自分を鼓舞してまずはやってみる。

2.プラスのことをイメージする

これは一番大事だと思います。
マイナスに考えたら、きっとみんなやらないはずです。
本能的に自身にリスクがあることは避けるはずなので、例えそれが自分に好まない、合わないものでも何かプラスなことをな見つけるようにしてみると行動の後押しをしてくれます。

3.誰かに相談する

話しても問題ないことであれば自分を理解してくれている人に話してみます。
自分の気持ちだけだと客観的な思考が薄れることも多いので話すだけで自分の考えがまとまり、まだ行動するには考えが足りないなとか今行動すべきかどうかの判断もしやすいと思います。
また話す相手として思考がマイナスの人より「チャレンジしてるな」「頑張ってるな」って人と話をした方が効果的です。
そういった人の話を聞くことで自分も頑張ろうと思い、やることへの後押しができます。

何はともあれやってみなければ始まらない。
頑張っているけど成果が出ないときなど悩んだときには自分に問いかけてみてはどうでしょうか。

  • 「その壁壊す必要がありますか?」
  • 「そこに見えている壁は断崖絶壁ですか?」
  • 「他にルートはないですか?」
  • 「一人で無理なら誰かに助けてもらってはどうですか?」

壊せない壁は、壊さなくても越えたり迂回してもいいと思います。
一人で難しいなら誰かに助けてもらってもいいと思います。
そうすると少し気持ちが楽になりませんか。

急がば回れ」という言葉が私は好きです。
回り道をすることをプラスに考えれば、それが自分自身の糧になりプラスに働くはずです。
逃げるわけではなく違う道を探すということも頭にあると自分の世界の中だけにとどまることなくいろいろな方向性が発見できるはずです。
ただいつか越えなければならない壁を目標において逃げないことが成長する第一歩だと思います。

少しずつでも自分なりに行動することが大事ですね。