コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

経験から学ぶ

仕事と家庭と自分のバランス

3年前に書いたメモを見て書いてみる。当時、初めての子どもが産まれて環境が大きく変わった。 もちろん家族構成が変わったこともあるが、同じタイミングで長く務めた会社を辞めて新たにチャレンジする道を選んだ。子どもが生まれて2か月くらいは、妻も実家に…

WEB制作における仕事の請け方について

基本的にWebサイトのリニューアルで時間がない直案件をやると希望ばかりは先行して進まない。あくまでこちら側が主導で制作していけるような案件であれば良いが担当者の想いが強すぎるものは危険。結局は、予算ありきで「こういった構成ならできますよ」とし…

月の残業100時間以上を働いた結果として

少し前の会社で出社時間は9時から終業時間は18時だが、帰宅は夜中の2時か3時くらいが平均。週休2日制だが月の2日は最低出勤もしくは自宅で作業をすることも多かった。基本的に残業代は微々たるものしかでないのでほぼ無給での仕事対応をすることになる。 ブ…

イクメンという称号って欲しい??

働き方が多様化する中、昭和の時代にくらべて、育児に参加する男性は増えているのは事実だと感じます。更に「イクメン」という言葉ができたことにより、男性が育児に参加する事がプラスに働くようになったのではないでしょうか。それは、とても良いことだと…

人間は奪い合い、見返りを求める生きもの?

タイトルだけ見ると少しきつい感じの内容に感じるけどもこれを書こうと思ったのは、子どもの保育園の様子を見て思ったことです。 子どもの保育園の様子をみていて、子どもたちが人形遊びをする中、二つのおもちゃをつかっていた子のおもちゃを突然一つ取って…

仕事を辞めるタイミングとは

人が仕事を辞めるときどんな場合に辞めようと思うのだろうか。周囲の人やクライアント先の退職者の傾向を見て、特に優秀な人が辞めるのはなんでだろうと考えた。 1.学びがなくなる(成長を感じなくなる) 会社の中にいて学びがなくなり、成長を感じなくな…

電話による営業手法について

会社に所属していると企業の大小かかわらず営業電話は良くかかってくるのではないでしょうか。※個人の電話にもかかることもありますが。そういった電話に出るたびに、思う事がある。 なぜ、そんな営業方法をとるのか疑問にならない。特に以下の2つの点が腑に…

子育て+家族+仕事 = 自分

結婚して子どもがいても基本的に男は、仕事に逃げることができる。最近は、そう考えるようになった。いや、今までの自分はそうだったなと考えるようになった。 2人目の子どもが生まれて、首が据わるまではと思い、3歳の上の子の保育園の送り迎えから、晩御飯…

仕事が終わったら帰ればいい

仕事が終わったら帰れば良いと思う。この記事を読むと何だか早く帰るのがダメなような印象を受ける。 www.asahi.com 自分の時間を大事にしようというよりかは、普通の会社にしようという考え方の方がしっくりくるように思える。 日本の企業は、上司より早く…

残業は「悪」なのだろうか?

国の法律的に残業というものが認められなくなる世の中になりそうですが、今現状において、実際は、残業というものは日本の社会においてはなくならないのではないかと思う。 残業を名目上なくしたとしても「持ち帰り」という何とも便利な機能がある。持ち帰る…

制作物は担当者次第で完成度は変わる

下記の記事をみて「たまに聞くなぁ」と他人事ではなく感じました。 biz-journal.jp 会社としては優良実績がっても、それも担当者次第ではないかと感じています。だけど、それはすでに退職した人がやった案件かもしれません。依頼する際の注意点などを書いて…

「働き方改革」は何を目指しているのだろうか?

「働き方改革」響きはいいが、少し偏りが生じているように思える。下記のニュースを見て、少し考えさせられた。 www.nikkei.com このシステムで言えば、残業は「悪」という事になるのだろうか。残業している人は「善」の考えでいえば、会社のために自分の時…

子どもの教育と部下の教育の共通点

子どもに何かを教える事と会社で部下を教育する事は、違うようで似ているように感じたので自分自身の整理もかねてまとめてみました。 ※教育方法は、その人によっていろいろと異なるので、あくまで私の意見として、もし共感いただける人がいればうれしいです…

「ついで」という善意の気持ちの使い方がおかしくなっていないか

前にも少し似たようなことを書いたのですが、WEBの仕事をしていると「ものが見えない分」気軽にこの「ついで」という言葉を使われることが多い気がする。 ※以下前に書いた記事 jinyama.hatenablog.com 「ついでにこの部分を修正してください。」

その制作会社は本当にダメだったの?

制作の案件をやっているとよく前・今の制作会社がダメだったとか開発会社がダメだったという話から、リニューアルや保守の対応の相談がくるケースがある。相談当初は、そんな制作会社より、うちならうまくやりますよ。という感じで進めてみるが、どうも雲行…

朝ご飯、3日間ドーナツはダメなのかな?

今、自分は3歳の子どもがいますが朝ご飯をなかなか自ら進んで食べてくれないのは悩みの種である。そんな中、この記事を読んで、タイトルから若干違和感を覚えた。 headlines.yahoo.co.jp 朝ご飯で、3日間ドーナツじゃダメなの!?と単純に思ってしまった。 …

年をとっても謙虚でいれるかどうかが成長のカギ

私自身、30代後半に差し掛かり40歳が近づいてきたと同時に多少なりとも頭が固くなっているように感じる。そんなタイミングで読んだ良い記事だったので、考えをまとめてみました。 forbesjapan.com どの項目もとても良い内容で経営者だけではなく、成長してい…

就職活動というイベントについて

就職活動は、ここぞとばかりに大学の後半になると始まってくる。最初は、気楽な気持ちで就職説明会とか行って楽しい気持ちになるが、周りが決まってきたり、自分は決まってないという状況になると、ちょっと焦りなどから暗い気持ちになる。 ただこれだけは言…

努力と環境について

この記事にある”「ふたりの人生は、何がちがったの?」。格差社会にメッセージを投げた漫画”で自分のことを振り返りながら考えてみた。 tabi-labo.com この記事だと客観視すれば、恵まれた環境に見えるものも当事者からしたら、それは当たり前になっているの…

人それぞれのキャパシティがある

この記事を読んで気持ちが熱くなる人がいると思います。自分自身は、まだまだ頑張って仕事しようと感じました。 lrandcom.com でも、それとは逆に冷めていく人もいるはずです。前向きに捉える人と逆の人、それはそれでその人の価値観なので、全く問題ないと…

仕事・人生で人から信頼されるには

スティーブン・R. コヴィー氏の7つの習慣に「信頼残高」という言葉がある。人に信頼される方法としてどうしたらいいか行動していたはずが、忙しすぎて心を失いかなり信頼残高を消費してしまったので、教訓としてまとめたいと思います。当たり前すぎるが意外…

下請けという完全に下に見ている言葉について

私は「下請け」という言葉が好きではない。製造、建築業界では結構一般的に使うが、それがそのまま左程考えなくいろんなところに派生しているように思える。例えば我々のIT業界で言えば、電通や博報堂などの広告代理店が発注側になるケースはよくある。※発注…

就活は「コミュニケーション能力」が一番必要?

新卒採用では、コミュニケーション能力が高いものが評価されると記事の中にありましたが、私の時も同じようなことを学校で聞いた気がします。 netgeek.biz 資格や特技など左程ない私は、無理やりにでも協調性とコミュニケーション能力(誰とでも仲良くなれま…

なぜブラック企業と思うのか

ブラック企業かそうでないかの境目は難しいところだと思う。 例えば、中堅や大手企業になると働く様々な人への補償や対外的なものもあり、その辺りは厳密になってくる。ただ起業したばかりの会社などは、相当な労働時間だとうろお構いなしで仕事を行っている…

弱みを見せることができますか

仕事や私生活において、ストレスが0という人はほとんどいないのではないだろうか。きっと小さいにしても何等かのストレスがあると思う。 ストレスはたまるものだと思う。そして、そんな時は、愚痴を言いたい。 ただ、それは自分の中では弱みだと思っている…

難しい言葉を使ってできたような気分になっている人多いのでは?

Web関連の制作の仕事をしていると広告代理店や制作会社などの人と関わる機会が多くなり、耳慣れない言葉を聞いたりして、よく困った記憶がある。言葉としては、聞こえはいいので、つい使ってしまいがちだが、そもそもその概念が曖昧だったりする。 実力があ…

行動することで欲しい人生を手に入れる

今の自分には痛いほど身に染みる言葉が溢れていた記事を読んだ。 thebridge.jp その中に これまでと同じことしかしないのなら、これまでと同じものしか手に入らない。君をここまで連れてきてくれたものは、君を次の場所へは連れていってはくれない。 まさに…

人は人らしく誰かのマネではなく自分を見つける

この記事を読んで、ふと自分はどうだろうと考えた。 毎朝午前8時前に僕がしていることーー人間を逸したレベルを目指してライフハックしないこと - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) はたして自分は人らしい生活を送っているのだろうか。仕事がベースの生活、仕事…

パワハラ・・・それで業務が改善されるのですかね

この記事を読んで昔のダメ上司のことを思い出した。 www.nikkan-gendai.com この記事のように腹筋とかは強要はしないがそれに近いものがあった。これは体育会系の男子のノリだが昔のダメ上司は、女子だった(おっさんだけど)。例えば、トイレに一緒にいって…

自分に自信をつけるためにやってみた方法

自分自身すごい学歴があるわけでもなく、差し当たり頭も良くない。背も低いので自分に自信があまり持てなくて常に劣等感に陥っていた。 そんな自分も徐々に自信をつけることができバイト先や今では会社にとってお客様にとっても必要な存在になることができた…