コウドウをカタチに

考えるだけではなく行動するために

Googleの人材育成の考えを子育てにも活かす

この記事は、社員教育や採用方針の参考にもなりそうだが、
もっと身近にこの考え方を自分自身の子育ての反省材料にしてみました。

www.huffingtonpost.jp


特に以下の引用した文に考えさせられました。

次にわかったのは、「これまでの人生で苦労をしたかどうか」でした。人生の中で、戸惑ったり、脱線したり、事故にあたり、病気になったり、浪人したり、好きな人を失ったり...。

そういった苦労した人たち、挫折した人たちは、会社のなかでパフォーマンスを発揮していました。

インタビューされているピョートル氏も常に考え行動を起こしていた。

この内容は自身に置き換えても理解できる。
程度は低いですが、自分自身も大きなケガ、失恋、
仕事への行き詰まりなどから自分を見つめ直し、成長してきたように感じます。

きっと挫折や苦労したときに
「前を向いてもがき進むことができるか」
という点が、成長のきかっけになるのではないかと感じます。

さて、子育てについて、どう考え方を活かすのかについてですが、
あくまで自分自身のケースですが、もうすぐ4歳の子どもは、のんびりマイペースで、
朝着替えるのもご飯食べるのも時間がかかり、
最後はぬいぐるみ遊び(アンパンマンのぬいぐるみごっこ)をしないと気がすまない(苦笑)
朝は、何かと大人は時間に追われてしまうので、言わないよう努力したしても時間が近づくたびに「早く、早く」となってしまう。。。

続きを読む

子育ては妻・夫とのバランスが重要

「子育て」というと子どもに意識がいってしまいますが、
夫婦の関係性を子どもが小さいうちに考えておくことも大事だと思います。

子どもが大きくなってから・・・とか思ってたら、
修復できない状態になっている可能性もあるので、
注意が必要です。

極端な話、夫婦の関係が悪ければ、家でイライラする。
そうなると子どもに余裕をもって接することができなくなり、
簡単な方法、つまり「怒る」という行動にすぐに達してしまう

続きを読む

親として見守ることが一番難しい

今、3歳の子どもをみていると成長するにあたり、
親が手伝わないとできなかったことがどんどんできるようになってくる。
3歳くらいになってくると言葉も覚えてきて、行動もより積極的になってきます。
それはとても喜ばしいのですが、一方でワガママを言ってみたり、言い訳を口にしたりと思い通りにいかないと駄々をこねたりするようになってきました。

親としては、それも成長の一環として見守ろうという気持ちだったとしても、
何度も続くと我慢できなくなり、口うるさいことを言ってしまったり、怒ってしまうこともあります。
もちろん「注意する」「怒る」という行為は、必要な要素ではあると考えていますが、無駄に怒っているケースもあるなと反省しています。

産まれた時には、この子は自由に育てて見守ってやろう。という気持ちだったが、
成長が進むにつれて、共同生活でうまくやっていけるのか、いじめにあったり、いじめをするような子にならないか、など、要らぬ心配を無意識にしてしまっているためか口うるさくなっているような気がします。

 

自分のストレスも口を出す原因

きっと、寝不足だったり仕事や人間関係でイライラしていると
子どもにも優しくできないときがあるのだと思います。
例えば、「お風呂あがりになかなか服を着てくれない」とか・・・
まぁよくある風景だと思いますが、
実際これが続くと、特にイライラしているときは
「この無駄な時間で何ができるだろう」とか
ホントに自分勝手なことを考えてイライラが募ることがあります。
そして怒った後は、自己嫌悪に陥る繰り返し・・・

怒っているケースを分析すると結局は、自分の精神状態によるものが原因なことが多いので、睡眠はしっかりとり、うまくストレス発散しないと無駄に怒る回数が増えてしまうように感じます。

今、我が子は生後6ヶ月ともうすぐ4歳の女の子。
今からもっと口達者になってくるのだと思うと恐ろしいですが、
成長するにつれて、怒る回数が増えてしまっているダメな親なんで、そんな自戒の念も込めて見守るという意識を常にもって、育児に取り組んでいきたい。
でも、楽しいこともたくさんあるので、我慢できたり、こうやって反省できると思うので、楽しいことをたくさん一緒にすることもとても大事ですね。


仕事でも役立つ育児??

育児で子どもを育てるコツがつかめれば、
会社で部下を育てることにもつながるのではないかと思います。
子どもと同じように部下に対しても一方的に怒ったり、口出ししても伝わりません。
子どもと同じようにどうやったら伝わるかを考えながら、愛情もって伝えることがとても必要なことじゃないかと思います。

最近では、就職活動に親が口を出すことが
多くなっているという事をよく目にします。

成人を過ぎて社会人になる手前の子どもから親自身も子離れできないケースが多いのかなと思うと小さいころから口うるさく気にしていると大きくなっても気になってしょうがなくなってくるのかなという気がしました。

college.nikkei.co.jp


親自身の自己満足のために口うるさく注意したり口出しすることで
子どもの可能性や自主性を委縮しないように心掛けたいものです。

国の働き方改革は休日を増やし、残業を減らすことに偏っているように感じる

国が働きかけて行っている働き方改革。
もちろんすべてが悪いとは言わないが、取り組み方に偏りがあるのではないかと感じる。
実際、調査も行っているのだろうが、表だったデータだけでは見えないものもある。

www.itmedia.co.jp

「1月4日と5日を休んで11連休に!」と大々的にいわれても・・・
「そんなことは分かっとるわ!」と言われそうなキャッチコピー

だけど仕事が面白い時だったり、
自分自身のために仕事に邁進したい人もいるのではないだろうか。
そういった人たちにスピードを止めるのはどうだろうかという懸念も感じる。
単純に休みを増やして、残業をなくすだけでは、改革とは言えない。
むしろ下手にそういった対策を急に行うと会社自体の存続にも関わるのではないだろうか。

ただ、働きたい人は働けばよいと思うが、ルールも必要に感じます。
それは、優秀な人材だとしても休みを適度に取りたい場合、ライバルは仕事に出ていると自分も負けずに出ないといけない状況になったり、部下が出社するので、上役の自分も出社もしくは状況を確認する必要があり、休みにならない。という状況も出てくるのではないでしょうか。

続きを読む

頭でっかちな人材より行動に移せる人材を

前職で採用に関わることもあり、
即戦力として求められる人材は、
どんな人なのだろうかよく考えていました。

経歴だけで見ても頭でっかちで机上の空論はたくさんできるが、
それを実行する実行力がない人は、きっとできない人間と同じだと思います。

若い人間であれば、それは成長の過程として可能性もありますが、
中途採用となるとそうはいきません。即戦力として期待しているので。

自分は大手のどこどこの勤めていたとか、
どこの大学だったとかを自慢しているレベルでは、
きっとそこでその人のレベルは頭うちなんだと感じます。

そこには今までやってきたことを参考に考えて行動しているかと言う点を見極めながら話を聞いていく必要があります。

「考えて」というのがポイントで、ただ闇雲に目的もなく動くだけではなく、一見つながりはないように見えて、その時は、これが必要だと思って行動に移したという経緯があるだけで、単に周りに流されたり、促されただけではなく、自分自身でも考えた結果の行動だったのではないかと感じ取ることができます。

単体の質問だと用意している可能性もあるので、
いくつか聞いてみると整合性も判断できるのではないでしょうか。

理路整然とやると言ったことはやりきる人材を雇うと会社も成長するのではないでしょうか。

仕事で返信が早いのは良い事なのだろうか

メールなどの返信が早い事は、とても素晴らしいし評価すべきことだと思う。
私も対応してもらうなら、レスポンスの早い人が良い。
ただ組織と個人では違いがあり、その返信のスピードに関しては問題もあるのではないかと考えて少しまとめてみました。

続きを読む

日本がまだ優位にいると思っているのだろうか

海外からの雇用に関して間口を広げるのは良い事だとは思うが、
こうした悪質な企業に関しては、取り締まりを強化すべきだと思う。

irorio.jp

国の相場は違えど、日本に住んで仕事をするのであれば、
日本の相場で対価は支払うべきだと思う。

まだ国際情勢として日本が優位な位置にいるとでも思っているのだろうか。
この調子だと中国に抜かれていったように発展途上国にすぐに抜かれてしまってもおかしくない。
情報も何もかも早くなっているのに一部の日本人の意識や価値観は止まった状態になっているのではないだろうか。

続きを読む